食べる

秋田のデザート日本酒、首都圏発売 高清水が新市場開拓へ

幅広い料理に合わせ、新市場開拓を目指す「デザート純吟」

幅広い料理に合わせ、新市場開拓を目指す「デザート純吟」

  • 0

  •  

 清酒「高清水」の醸造元・秋田酒類製造(秋田市川元むつみ町、TEL 018-864-7331)は9月、新商品「デザート純吟」の首都圏での本格販売を始めた。

「デザート日本酒」の楽しみ方やライフスタイルの提案も

 日本酒の新しいカテゴリー「デザート日本酒」として同社が開発・販売する同商品。米と米こうじだけを原料にしながら、一般的な日本酒よりもクエン酸成分を増やすことで、ほんのりした甘さの中に酸味を利かせ、「デザートワイン」のような口当たりに仕上げた。

[広告]

 20~30代の女性をメーンターゲットに2014年11月、秋田県内で限定発売したところ、幅広い料理に合わせられることや値頃感のある価格設定などから好評だったことを受け、首都圏での本格販売を決めた。

 今後、同商品に合う料理やグラス選び方などの楽しみ方についてウェブサイトなどを通じて提案し、市場開拓に取り組む。

 価格は1,080円(500ミリリットル)。酒販店などのほか、ネット通販も行う。

ピックアップ

Stay at Home