見る・遊ぶ 買う

秋田の猫グッズショップが公募型写真展 大賞は「いいね」数で決定

猫が題材の絵本などを扱う「かぎしっぽ」店主・佐藤明子さんの飼い猫「花子」

猫が題材の絵本などを扱う「かぎしっぽ」店主・佐藤明子さんの飼い猫「花子」

  •  
  •  

 猫がテーマの絵本・雑貨ショップ「かぎしっぽ」(秋田市濁川字菅場、TEL 018-874-8361)は6月20日、「フォトコンテスト」の作品募集を始める。

猫が題材の絵本などを扱う「かぎしっぽ」店内

 「猫と絵本好きが高じた」という新潟県出身の佐藤明子さんが4月下旬に開いた同店。猫が題材の絵本400冊を始め、猫がデザインされた雑貨類やペットグッズなど約150アイテムを扱う。

[広告]

 「ほとんどの来店客が飼い猫の写真を見せてくれる」ことから、「皆さんと一緒に楽しめれば」と初めて公募型写真展を企画した。

 募集する作品のテーマは「ねこの至福」。応募作品は同店フェイスブックページに掲載し、「いいね」の数で大賞1点と特賞2点を決める。入賞作品にはリサ・ラーソン「ランチボックス」や猫の絵本などを進呈する。

 「ほっこりできる猫の写真はもちろん、飼い主と猫との至福のひとときなどを撮影した作品をお寄せいただければ」と佐藤さん。

 猫の性別・年齢、作品タイトル、コメントなどを添えてメール(keytail@outlook.com)で応募する。1人何点でも応募できる。締め切りは7月15日。

  • はてなブックマークに追加