見る・遊ぶ

秋田・中心市街地広場で「金粉ショー」-国民文化祭プレイベントで

秋田市内では初めて披露された「大駱駝艦(だいらくだかん)」の「金粉ショー」

秋田市内では初めて披露された「大駱駝艦(だいらくだかん)」の「金粉ショー」

  •  
  •  

 前衛舞踏グループ「大駱駝艦(だいらくだかん)」の「金粉ショー」が10月13日、エリアなかいち・にぎわい広場(秋田市中通1)で開かれた。

舞踏グループ「大駱駝艦(だいらくだかん)」の「金粉ショー」

 俳優で舞踏家の麿赤兒(まろあかじ)さんが主宰する同グループ。1972年のグループ立ち上げ以来、吉祥寺のスタジオなど国内外で舞踏作品の上演活動を行い、これまでに舞踊批評家協会賞を5回受賞するなど第一線で活動を続ける。

[広告]

 裸体に金粉を塗り、身体パフォーマンスなどを披露する「金粉ショー」。来年開催予定の「国民文化祭・あきた2014」のプレイベントとして、夕方と夜の2回に分けて開かれた。

 ファイヤーダンスや男性が女性を抱え上げて踊るなどの趣向も盛り込みながら、会場に集まった数百人の観客を前に独自のパフォーマンスを披露。公演終了後、観客からは大きな歓声や拍手が送られた。金粉ショーを初めて見たという市内在住の女性は「金粉をまとった容姿だけではなく、独特の振り付けのダンスに思わず見入った。また見たい」と話していた。

  • はてなブックマークに追加