秋田に「ベロタクシー」初登場-「ちょい乗り」体験コースも

秋田で初走行する「ベロタクシー」。ドライバーは「ベロタクシー仙台」の山本さん

秋田で初走行する「ベロタクシー」。ドライバーは「ベロタクシー仙台」の山本さん

  •  

 電動アシスト付きの自転車タクシー「ベロタクシー」が9月30日、秋田市を初走行した。

 「ベロタクシー」は、エコロジー活動などに取り組む「SiNG(シング)」(秋田市川元松丘町)が9月29日から開催中の「秋田わか杉国体」に合わせて、同日と10月1日の2日間限定で運行するもので、秋田では初の試み。

[広告]

 秋田で初めて乗車した女性は「いつも見る自動車からの景色と違って新鮮だった」と「時速11キロ」の車窓から見る街中を楽しんだ。

 「走行ルート」と「停留所」は両日とも時間によって異なる。9月30日11時~14時と16時30分~18時はJR秋田駅周辺を走行し、停留所は飲食店「ニューたけや」(中通2)前。同日14時30分~16時は中土橋を走行し、停留所は「秋田中央図書館・明徳館」(千秋明徳町4)前。10月1日11時~14時は「通町」を走行し、停留所は「招福稲荷神社」(通町3)前。同日14時30分~18時は「大町・川反」を走行し、停留所は「サン・パティオ大町」(大町1)前を予定する。

 走行車両は9月30日18時30分~20時に「アゴラ広場」(中通2)で、10月1日10時~11時に「秋田ニューシティ」(大町2)で、それぞれ展示を行うほか、「ベロタクシーと街」をテーマにした写真コンテストも開催している。

 乗車料金は、「駅前」「大町・川反」を走行する「ゆっくり周遊コース」=500円(2人乗り=1人300円)で、「中土橋」「通町」を走行する「短時間体験コース」=300円(2人乗り=1人200円)。

関連記事(秋田経済新聞)関連記事(秋田経済新聞)関連記事(シブヤ経済新聞)関連記事(ヨコハマ経済新聞)関連記事(湘南経済新聞)関連記事(サカエ経済新聞)SiNG(シング)ベロタクシー仙台VELOTAXI JAPAN