見る・遊ぶ 買う

秋田の特徴をユニークに表現した「秋田原人」、地元デザイナーらが制作

秋田の特徴をユニークな視点で捉えたコンテンツ「秋田原人」

秋田の特徴をユニークな視点で捉えたコンテンツ「秋田原人」

  • 0

  •  

 秋田の特徴をユニークな視点で捉えたコンテンツ「秋田原人」(原人舎)が12月上旬、リリースされた。

秋田の風物をユニークな文章とイラストで表現した「秋田原人」

 「日本人が日本の良さを知ることが日本の発展のために大切。それには各地域に住む人々が原点になる」(同社の北川雅彦さん)との思いを「原人」の言葉に込め、地域の方言や食文化、生活様式など地域の特徴を地元の編集者がユニークな文章とイラストを使い、ウェブサイトや書籍で紹介する「原人」シリーズ。青森・山梨・長崎に続く4例目となる「秋田原人」は、ウェブコンテンツのほか書籍版もリリースした。

[広告]

 「秋田版」を制作したのは、横手市でデザイン事務所を経営する小野寺利彦さんと秋田市在住のイラストレーター・やなぎはらともみさん。「ユーモアたっぷりなコピーと脱力系のイラストで笑える秋田ネタ」(やなぎはらさん)を200点収録した。コピーライターでもある小野寺さんは「ネタを探すのは大変だったが、地元の魅力を再認識した」と編集プロセスを振り返る。

 書籍版の価格は924円。デザインショップ「秋田贔屓」(秋田市大町2)で販売する。

ピックアップ

Stay at Home