文化センター

YAMABUKI BAR Vol.2~日本酒のブレンド体験

  •  
  •  

このイベントの募集は終了しました。

 長期間熟成して造る日本酒「熟成酒(熟成古酒)」。かつては、高級酒、高貴な酒として愛されていましたが、明治期の酒税法改正に端を発し、一般の酒店や飲食店における取り扱い量が減ったことなどから、次第に飲まれることが少なくなっていきました。

 そのような熟成酒の復権へ向け、30年以上にわたり醸造に取り組む酒蔵が、秋田県大仙市にあります。

 この酒蔵の熟成酒銘柄「山吹」は、ロンドンで開かれる世界最大規模の酒類品評会「IWC(インターナショナルワインチャレンジ)」の日本酒部門で2009(平成21)年、純米酒や大吟醸酒などを抑えて最高賞を受賞。2018(平成30)年には、「ジョエル・ロブション」「アラン・デュカス」などフレンチの本山パリの三ツ星レストランに納品されたほか、同年、ロンドンで開かれたオークションでは約32万円で競り落とされました。その後、中国や台湾、タイなどから多くの引き合いが寄せられるなど、近年、同酒蔵の熟成酒はヨーロッパやアジア各国で急激に人気を高めています。

 熟成酒は商品化のプロセスで、品質を安定させるためにブレンドが行われることがあります。

 フランス・ボルドーなどでは、ワインの商品化プロセスで数種類のブドウの品種をブレンドすることを「アッサンブラージュ」と呼び、一般的に行われていることですが、日本酒の世界で「ブレンド」することは、ネガティブな要素として捉えられることが少なくありません。

 そこで、同銘柄の醸造元「金紋秋田酒造」の佐々木孝社長が、日本酒をブレンドすることの意味を解説するほか、参加者が実際に日本酒のブレンドを体験するワークショップ形式の飲食イベントを企画しました。

 会場は、秋田大学近くの「居酒屋ひげだるま」(秋田市手形山崎町)。

 同店が当イベント向けに用意する料理に合わせ、熟成酒を楽しんでいただきます。

 「ジョエル・ロブション」「アラン・デュカス」などで提供される長期熟成古酒「1988」も特別提供します。

開催概要

開催日時 2月26日(水)19:00~21:00(18:30開場)
会場 居酒屋ひげだるま(秋田市手形山崎町9-37)
※イベントに関するお問い合わせ先:千葉(TEL 080-1848-5549)
参加費 5,000円(飲食費、税込み)
定員 20名
受付期限 2020年2月25日(火)00時00分
主催 金紋秋田酒造株式会社
共催 秋田経済新聞
協力 居酒屋ひげだるま
  • はてなブックマークに追加