地域活性化が使命「大町マン」デビューへ-みちのくプロレスと提携

秋田市大町の活性化が使命のマスクマン「大町マン」(デザイン案)

秋田市大町の活性化が使命のマスクマン「大町マン」(デザイン案)

  •  

 秋田市大町地区の活性化が使命のご当地ヒーロー「大町マン」が来年1月4日、同地区の活性化を目的とするイベント「大町未来計画 Oh!大町」でデビューする。

地元「赤れんが郷土館」をモチーフにしたトランクス

 「秋田市の中心部・大町地区を盛り上げることで、周辺地域を含めた活性化につなげたい」(担当の茂木さん)と、仙台市を拠点に活動するプロレス団体「みちのくプロレス」と提携して発案した。

[広告]

 地名の「大」の字をモチーフにデザインしたマスク額部分には、カタカナで「オオマチ」の文字。「大町マン」が試合中にピンチになると、同地区のシンボル「鷹匠町の一本松」をイメージした松の木を頭に装着して戦意が復活するという設定。

 デビュー戦は、秋田ニューシティ・インナープラザ(秋田市大町2)で開催する。同団体代表のザ・グレート・サスケ選手も友情参戦するほか、ちびっ子プロレス教室や餅つき大会なども開催する。

 茂木さんは「キャラには、樹齢400年の一本松が大町を見守っているという思いを込めた」とし、「多くのお客様に楽しんでいただきたいので入場無料にしたが、『大町マン』のマスクの製作にも予想よりコストがかかった(笑)。3,000円の協賛金で協賛特別席も150席用意している」と協力を呼びかけている。

 協賛の申し込みは、秋田市大町商店街振興組合(TEL 018-863-5086)またはヤマト(TEL 018-862-2036)まで。