買う

秋田でバイヤー向け観光物産展 新商品は「ナマハゲ」「秋田犬」の二枚看板

秋田観光を呼び掛ける「フルゥール」(秋田市)の高安恒治社長

秋田観光を呼び掛ける「フルゥール」(秋田市)の高安恒治社長

  •  
  •  

 観光土産品の企画販売などを手掛ける「フルゥール」(秋田市土崎港中央6)のバイヤー向け観光物産品展示会が2月20日、さきがけホール(山王臨海町)で始まった。

ラインアップを増やした「男鹿のナマハゲ」「秋田犬」関連グッズ

 例年2月、県産食材を原料に使った菓子や漬物などの加工食品類、伝統工芸品やオリジナル雑貨類などの観光土産品を合わせて2000点ほど展示する同展。

[広告]

 今年は、女子フィギュアスケート金メダリストのザギトワ選手に贈られたことなどから話題になった「秋田犬」と、昨年11月にユネスコ無形文化遺産に登録された「男鹿のナマハゲ」をパッケージにデザインした菓子類や関連グッズのラインアップを拡充した。

 「細部までかわいらしさにこだわった」という秋田犬のぬいぐるみ(1,300円)やTシャツ(2,000円)、ナマハゲのイラストをあしらったアイマスクや靴下(以上、400円)など同社オリジナル雑貨類のほか、パッケージにスマートフォンをかざすことで秋田犬の動画を閲覧できるクッキー(600円)、ご当地アイス味のソフトキャンディー「ババヘラチュウing」(200円)、郷土漬物「いぶりがっこ」の風味を生かしたベイクドチーズケーキ(1,150円~)などの新商品を春以降の観光シーズンに向けて展開する。

 高安恒治社長は「インバウンド需要でリアルなナマハゲをデザインしたTシャツなどが好評。今年も多くの新商品の発売を予定しているので、皆さまに楽しんでいただければ」と話す。

 開催時間は10時~16時30分。2月21日まで。

  • はてなブックマークに追加