人気アーケードゲーム「太鼓の達人」に「超神ネイガー」-バンダイナムコ

「豪石!超神ネイガー」が収録される「太鼓の達人11」

「豪石!超神ネイガー」が収録される「太鼓の達人11」

  •  

 バンダイナムコゲームス(東京都品川区)は、3月中旬より開始するアーケード向けゲーム機「太鼓の達人」の最新版に、秋田のご当地ヒーローのテーマソング「豪石!超神ネイガー」を収録した。

 全国区で人気のゲーム機に秋田のご当地ヒーローのテーマソングを収録したことについて、同社広報部の近藤さんは「全国で活躍するご当地ヒーローがたくさんある中で、東京在住の私たちも知っているほど超神ネイガーは有名」であることと、「同曲を歌う水木一郎さんの歌唱が際立っている」ことを挙げる。

[広告]

 「太鼓の達人」は、音楽のリズムに合わせて太鼓を叩く人気のアーケード用ゲーム機で、2001年の登場以来、新機能の追加など改良を重ね、最新機は11代目。新機能の「パパママサポート機能」は、「かんたん」モードでプレイすると、1プレイ料金で、左右2台の太鼓を2人で叩くことができ、親が子どもをサポートすることもできる。新機種は108曲を収録し、演奏中の画面には、選曲に合わせて人気キャラクターも登場するという。

太鼓の達人超神ネイガー秋田ご当地キャラがオンラインゲームに(秋田経済新聞)「アクエリアンエイジ」実写映画化記念でアキバに大型ポスター(アキバ経済新聞)