秋田の中心市街地で「エビ中」イベント 市内でメンバーがPR

秋田市内でイベントのPR活動を行った「私立恵比寿中学」メンバーの小林歌穂さん(左)と中山莉子さん

秋田市内でイベントのPR活動を行った「私立恵比寿中学」メンバーの小林歌穂さん(左)と中山莉子さん

  • 44

  •  

 人気アイドルグループ「私立恵比寿中学」のメンバーが10月23日、秋田市内で28日に始まるイベントのPR活動を行った。

「秋田の魅力を伝えたい」と意気ごみを見せる「私立恵比寿中学」メンバー

 「エビ中」の愛称で親しまれる女性7人の同グループが、「秋田分校」と銘打ち、文化や芸術、グルメなど秋田の魅力を県内外の若者へ向けて発信することを目的に開く。

[広告]

 3回目を数える今年は、イベント型コンサートを11月11日に秋田県民会館(千秋明徳町)で開くのに合わせ、10月28日にリニューアルオープン予定の商業施設「秋田OPA」(千秋久保田町)内で、同グループを題材に全国から寄せられた絵画などの作品を展示したり、関連書籍の特集コーナーを設けたりするほか、ステージ衣装展や写真展など市内10カ所以上で同時展開する。広小路商店街の沿道600メートルに約120本の「のぼり」を掲げるほか、市内デジタルサイネージでプロモーションビデオを上映するなど市中心市街地を「エビ中」色に染める。

 12日には、「エリアなかいち・にぎわい広場」(中通1)を会場に、同グループの姉妹グループ「桜エビ~ず」や秋田のご当地アイドルグループ「pramo」などが出演する「郷土食」や「文化」などがテーマの関連イベントも予定する。

 秋田市内でPR活動を行った同グループメンバーの小林歌穂さんと中山莉子さんは「例年、秋田のまちは雰囲気が温かいと感じている。年に1度の秋田ならではのイベントとして、昨年よりも豪華にパァーっと頑張りたい」と意気込みを見せる。「秋田駅から会場までのまち中の装飾や仕掛けも併せて楽しんでもらえれば」とも。

 「秋田OPA」内展示は10月28日から。