食べる 見る・遊ぶ

秋田の蔵元集団「NEXT5」が村上隆さんとコラボ酒 陶器ボトル発売へ

「Takashi Murakami×NEXT5」オリジナル陶器ボトル © Ikki Ogata

「Takashi Murakami×NEXT5」オリジナル陶器ボトル © Ikki Ogata

  •  

 秋田県内5社の若手蔵元でつくる「NEXT5(ネクストファイブ)」と世界的アーティスト・村上隆さんのコラボ日本酒「Takashi Murakami×NEXT5」オリジナル陶器ボトルが7月2日、発売される。

秋田の蔵元集団「NEXT5」と世界的アーティストの村上隆さん

 秋田醸造の小林忠彦さん、新政酒造の佐藤祐輔さん、福禄寿酒造の渡邉康衛(こうえい)さん、山本の山本友文さん、栗林酒造店の栗林直章さんの蔵元5人が、「秋田の地酒をPRしよう」と2010年から活動する同グループ。

[広告]

 「伝統的な知恵・哲学・技法を用い、現代に未来の希望を表す日本酒を造り出すこと」をコンセプトに、世界的な美術家として知られる村上さんと連携し、1年ほど掛けて共同で純米大吟醸酒を開発した。

 秋田醸造(秋田市楢山登町)を蔵元に、江戸時代から伝わる酒母の製法「生(き)もと造り」で醸造し、スッキリとして香ばしい、テロワール(土地の個性)を感じるモダンな味わいに仕上げたという。

 870ミリリットル入りのボトルは陶器製。「金レリーフ」(サイン入り、17万円)、「白レリーフ」(5万円)、「呉須」(3万5,000円)の3種類を用意した。いずれも限定150本。中野ブロードウェイ(東京都中野区)の「Bar Zingaro」(TEL 03-5942-8382)で販売する。

 6月18日に先行発売した同商品のガラスボトル入り版は、現在、ネットオークションなどでプレミアが付く人気商品となっている。