文化センター

水曜日の地域考 Vo.1 ~旅する地域考 alternative

  • 0

  •  

このイベントの募集は終了しました。

 AKIBI複合芸術プラクティス「旅する地域考alternative」が3回シリーズで行う一般公開講座。「地域」の枠組みや役割を、現代の社会課題に紐づけて再考します。

 現代の多くの社会問題は、遠くの「他者」の問題であると同時に、今日を生きる「私」の問題でもあります。このような世界と「私」、そして自己と「他者」が乖離(かいり)した現在において、私たちは自らが育み、育まれる「地域」という社会的枠組みについて、どのように考えていくことができるのでしょうか。

 1回目は、秋田魁新報社・社会地域報道部長の松川敦志さんを講師に招き、地方紙記者の経験や視点から、「中央-地方」の関係性における未来形について考えます。

 モデレーターは、秋田公立美術大学大学院・複合芸術研究科教授で建築家の岸健太さん。

松川敦志さんのプロフィール
1972年、秋田県生まれ。1996年秋田魁新報入社。社会部などを経て2002年に退社し、翌年朝日新聞入社。東京社会部、那覇総局などを経て2016年に那覇総局長を最後に退社。同年、再び秋田魁新報入社。編集委員を経て、2020年4月より社会地域報道部長。「イージス・アショア報道」で取材班代表として2019年度の「新聞協会賞」を受賞。

開催概要

開催日時 9月23日(水)19時~21時
会場 ※オンライン会議システム「Zoom」を使うオンライン講座です。
参加費 1,000円
受付期限 2020年9月22日(火)23時59分
主催 AKIBI複合芸術プラクティス「旅する地域考alternative」
共催 秋田経済新聞
  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

Stay at Home