プレスリリース

【4/21(日)アジア初開催】『第9回世界ラートチームカップ』公式特設サイトがオープン!

リリース発行企業:秋田ノーザンハピネッツ株式会社

情報提供:


来たる2019年4月21日(日)秋田県立体育館で開催される『第9回世界ラートチームカップ』の公式特設ウェブサイトが開設されました。

【第9回世界ラートチームカップ特設ウェブサイト】
https://twc-2019-wheelgymnastics.com/



いよいよ大会開催まであと2か月。秋田ノーザンハピネッツ所属のラート競技・高橋靖彦選手(秋田県仙北市角館出身)は、大会実行委員会の事務局長に任命され、大会の企画・運営にあたると同時に地元出身の現・世界チャンピオンとして本大会に出場します。

前々回大会[斜転]演技中の高橋靖彦選手(2014年ドイツ・ベルリン)
アジア初、もちろん日本初開催の世界大会が秋田で開かれるこの機会に、多くのみなさまに一度観たら誰もが魅了されてしまう芸術性の高いこの「ラート」という競技を知って、楽しんでいただきたいです。

当日は入場無料となっておりますので、みなさまお誘いあわせの上ぜひご来場ください。


【大会概要】

■大会名 :第9回世界ラートチームカップ/Team World Cup 2019 in Akita
■開催日 :2019年4月21日(日)
■開催場所:秋田県立体育館大体育場
■出場国 :ドイツ、スイス、日本、オランダ
■入場料 :無料
■主催 :国際ラート連盟
■特設ウェブサイト:https://twc-2019-wheelgymnastics.com/



[国際ラート連盟ニュースリリース]:http://www.rhoenrad.com/en/events/twc2019-akita.html

大会の招致にあたり日本ラート協会が「第9回世界ラートチームカップ実行委員会」を設立。秋田ノーザンハピネッツ所属の高橋靖彦選手は実行委員会事務局長として計画立案・準備等を進めています。
秋田ノーザンハピネッツ(男子プロバスケットボール)ホームゲームオープニングパフォーマンス(2019年1月16日@秋田県立体育館)
世界ラートチームカップは2年に一度開催され、今回で9回目となります。日本初の開催となるラート競技の国際大会です。2018年5月にスイスでおこなわれた「第13回世界ラート競技選手権大会」の上位4カ国に出場権があり、各チーム4名からなる国別対抗の世界一決定戦となります。

当日は集団ラート演技などのデモンストレーションの他、体験企画等も実施予定しています。

世界選手権大会通算金メダル9つ(世界最多)獲得している世界チャンピオンの高橋靖彦選手(2019年1月16日@秋田県立体育館)
日本代表メンバーには高橋靖彦のほか、秋田市出身の女子の堀口文選手も選出されています。
4人編成の代表チームに秋田出身の選手2名が出場し、地元で大舞台に挑みます。
日本代表常連メンバーの堀口文選手(2019年1月16日@秋田県立体育館)
仙北市出身の高橋靖彦選手と秋田市出身の堀口文選手(2019年1月16日@秋田県立体育館)
【第9回世界ラートチームカップ特設ウェブサイト】
https://twc-2019-wheelgymnastics.com/



<ラート競技とは>
約2mの2本のリングに入り、回転中の技の難易度や完成度を採点する体操競技。
フィギュアスケートや新体操のように音楽に合わせて演技する直転、片方のリングだけでコインが転がるように回転する斜転、跳び乗ったラートから宙返りなどのアクロバティックな技を行う跳躍の3種目がある。

■秋田県アスリート競技活動サポート事業によりラート競技 高橋靖彦選手の秋田ノーザンハピネッツ株式会社所属が決定 ⇒ https://northern-happinets.com/news/43584/

  • はてなブックマークに追加